循環型社会の物質フローの解析 Analysis on Material Flow in Recycling Society of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大場 大司 OHBA TAIJI
    • 芝浦工業大学大学院工学研究科 材料工学専攻 Graduate School of Material Science and Engineering, Shibaura Institute of Technology
    • 石川 朝之 ISHIKAWA TOMOYUKI
    • 芝浦工業大学大学院工学研究科 地域環境システム専攻 Graduate School of Regional Environment Systems, Shibaura Institute of Technology
    • 那須 昭子 [他] NASU AKIKO
    • 芝浦工業大学大学院工学研究科 地域環境システム専攻 Graduate School of Regional Environment Systems, Shibaura Institute of Technology
    • 行本 正雄 YUKUMOTO MASAO
    • 芝浦工業大学工学部材料工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Shibaura Institute of Technology
    • 武田 邦彦 TAKEDA KUNIHIKO
    • 名古屋大学大学院工学研究科 材料機能工学専攻 Department of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

循環型社会を前提とした日本の物質フローについて整理した.日本社会へのインプットは2,050Mt/yであり,工業生産に投入される循環用途資源は410Mt/y,製造や使用によって減耗する量を考慮すると理論循環最大量は216Mt/yと計算された.循環型社会における物質フローの基本式を整理すると共に,循環型社会の成立要件として,物質循環率(<i>E</i><sub>r</sub>),リサイクル増幅比(<i>E</i><sub>ra</sub>)および廃棄物削減率(<i>E</i><sub>rw</sub>)を検討した.更に循環資源として先行している鉄鋼材料を例に取り,循環の状態,有害物質混合,天然資源と循環資源の問題およびストックの取り扱いについて整理した.1997年時点での日本社会の物質循環を考慮すると循環型社会が成立する可能性は低いと考えられる.

Material flow in Japan as a recycling society has been analyzed. Input resources entering Japanese society is calculated to be 2,050 Mts/y, are potentially recyclable resources for industry is 410 Mts/y, and the maximum amount of recyclable materials is calculated to be 216 Mts/y, taking into account loss by usage. Fundamental equations which describe the material flow in a recycling society and <i>E</i><sub>r</sub> (recycling ratio of materials), <i>E</i><sub>rr</sub> (amplified ratio of recycling), and <i>E</i><sub>w</sub> (reduction ratio of waste materials) should be taken into consideration to decide the construction of a recycling society. Taking steel flow as an example, We studied the present state of recycling, its relationship with harmful substances, the problem of natural and man-made resources and the treatment of "stocks" in material flow. We conclude that there is little chance of constructing the recycling society in Japan if the current mass flow continues in future.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(5), 493-500, 2002-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6308890
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ