高温場でのカオリナイト鉱物によるカドミウム捕捉性能 Performance of Kaolinite Minerals to Capture Cadmium Compounds at High Temperature Condition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 飯塚 正俊 IIZUKA MASATOSHI
    • 岐阜大学大学院工学研究科 環境エネルギーシステム専攻 Environmental and Renewable Energy Systems, Graduate School of Engineering, Gifu University
    • 守富 寛 MORITOMI HIROSHI
    • 岐阜大学大学院工学研究科 環境エネルギーシステム専攻 Environmental and Renewable Energy Systems, Graduate School of Engineering, Gifu University
    • 義家 亮 YOSHIIE RYO
    • 岐阜大学工学部 人間情報システム工学科 Department of Human and Information Systems, Faculty of Engineering, Gifu University

抄録

本研究では塩素含有廃棄物の燃焼およびガス化プロセスに対し高温場でのカドミウム除去方法の確立を目的とし,鉱物による捕捉性能に関する基礎データを取得した.金属カドミウム(Cd)と塩化カドミウム(CdCl<sub>2</sub>)に対する捕捉剤鉱物の探索試験の結果,カオリナイトが最も高い捕捉性能を示した.そこで,カオリナイトを捕捉剤としてCdCl<sub>2</sub>の捕捉機構の解明を行ったところ,反応時間を変化させた実験からは,一度カオリナイトに捕捉されたCdCl<sub>2</sub>は脱離することはなく,かつその捕捉は時間の経過とともに結合力が強化することがわかった.さらにガス雰囲気およびCdCl<sub>2</sub>供給量を変化させた実験からは,1モルのCdCl<sub>2</sub>は水蒸気が存在することにより1モルのカオリナイトと化学量論的に反応することが確認された.

This study aims to establish an in-situ cadmium removal method in high temperature combustion or gasification conditions for industrial waste including cadmium compounds. As a mineral sorbent to capture the metallic cadmium and the cadmium chloride, kaolinite was found to have the highest performance. The adsorption mechanism by which kaolinite captures cadmium chloride at high temperature was then experimentally elucidated. The results suggest that the adsorbed cadmium could not be desorbed, but rather that it combined more strongly with the kaolinite with increasing retention time. The amount of cadmium captured by the kaolinite is significantly dependent on the moisture concentration in the reaction system, and its minimum concentration depends on the molar ratio of cadmium to kaolinite. The results suggest that the presence of above 1 mole of moisture enhances the removal efficiency, promoting stoichimetric removal reaction in which 1 mole of kaolinite captures 1 mole of cadmium chloride.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(5), 575-580, 2002-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409535
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6309077
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ