流動床式都市ごみ焼却炉排ガス中の水銀除去に与える活性炭噴霧の影響 Effect of Activated Carbon Injection on Control of Mercury Emission from a Fluidized Bed Type Municipal Solid Waste Incinerator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高岡 昌輝 TAKAOKA MASAKI
    • 京都大学大学院工学研究科 環境工学専攻 Department of Environmental Engineering, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 武田 信生 TAKEDA NOBUO
    • 京都大学大学院工学研究科 環境工学専攻 Department of Environmental Engineering, Graduate School of Engineering, Kyoto University

抄録

流動床式都市ごみ焼却炉排ガス中の水銀除去に対する活性炭噴霧の効果を明らかにするため,まず,2つの流動床式都市ごみ焼却施設で水銀除去効果を調査した.活性炭にはピート炭が用いられた.さらに,ラボスケールの実験装置により活性炭噴霧の効果を確認した.その結果,活性炭噴霧効果は大きく,噴霧濃度50mg/m<sup>3</sup>Nで排ガス中の濃度を0.002mg/m<sup>3</sup>Nまで低下させることができることがわかった.ラボスケールの実験からも活性炭噴霧した飛灰の方が除去率が50%近く上昇し,噴霧濃度50mg/m<sup>3</sup>Nと100mg/m<sup>3</sup>Nでは差がないことがわかった.さらに水銀種による除去能も実機試験とラボスケール試験で一致し,流動床焼却炉飛灰では塩化第二水銀よりも金属水銀の方が除去率が高いことがわかった.これは従来からの知見と異なる点であり,流動床炉飛灰の組成によるものと推測された.ストーカ式焼却炉のバグフィルタ灰と比べると,銅および鉄の含有量が流動床焼却炉では特に大きかったため,水銀除去特性はこれらの元素の影響が推測された.

The effect of activated carbon (AC) injection on control of mercury emission from a fluidized bed type municipal solid waste incinerator (FB-MSWI) was investigated in two actual FB-MSWIs. Furthermore, lab-scale experiments were conducted to confirm the results of the field tests. In the field tests, Hg concentration at the outlet of the bag filter was reduced to less than 0.002 mg/m<sup>3</sup>N by injecting AC of 50 mg/m<sup>3</sup>N. In the lab-scale experiments, The Hg reduction ratio of fly ash with activated carbon was 50 % higher than that of fly ash without activated carbon. No difference in Hgreduction ratio was found between AC concentrations of 50 mg/m<sup>3</sup>N, and 100 mg/m<sup>3</sup>N. With FB-MSWI fly ash, it was easier to remove mercuric chloride than metallic mercury. This characteristic of FB-MSWI fly ash was different from that of stoker type MSWI fly ash. This difference was estimated to be caused by the composition of fly ash, especially the contents of copper and iron.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(5), 593-597, 2002-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409577
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6309168
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ