油中改質褐炭CWMの角取り球状化方式による高濃度化 Production of CWM of High Coal Particle Content by Rounding of Upgraded Brown Coal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

CWMのコスト低減のため改質褐炭の利用が検討されていることから,改質コストのより安価な油中改質法で改質した褐炭のCWM化を検討した.油中改質ロイヤング炭を従来製造法の湿式ボールミルによってCWMとしたものは,濃度49wt%と低濃度であったため,微粉炭の角取り球状化方式による製造法を適用して高濃度化を図った.その結果,角取り球状化によってCWMの流動性に寄与する超微粒子が大量に生成することから,濃度57wt%となって湿式ボールミルのものより8ポイント高濃度化できた.さらに,本結果から角取り球状化方式による製造法はCWMのコスト削減に効果があるものと思われる.

To reduce the product cost of CWM (Coal Water Mixture), CWM was produced using brown coal, that had been upgraded into oil. CWM produced from the upgraded Roy-Yang coal pulverized by the conventional wet ball mill method had a low coal particle content of 49 wt%. To increase the coal content of CWM, the rounding method was applied, and the coal particle content of CWM was there by increased to 57 wt%. Based on these results, it may be concluded that the rounding method is effective for reducing the product cost of CWM.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(5), 652-655, 2002-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409718
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6309299
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ