マイクロガスタービン発電機の排熱を利用した吸着式デシカント空調システムの検討と実証試験 Field Test of Adsorption Desiccant Air-Conditioning System Utilizing Waste Heat from Micro-Gas-Turbine Dynamos

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自家発電装置として普及しつつあるマイクロガスタービン発電機の排熱を利用して駆動するデシカント空調システムを検討し,除湿機ローター,顕熱交換器,気化冷却器等それぞれの構成機器についても見直し,新しいシステム構成を提案した.検討にあたっては,排熱利用機器としてのデシカント空調システムのみを対象とした.検討の結果マイクロガスタービン発電機からの排熱を排熱ボイラで温水にして導入する従来式と比較して,排ガスをデシカント空調システムに導入し,排ガスの熱で直接除湿機ローターを再生すること,及び間接気化冷却器で吸着熱を除去することにより,システム構成が簡略化される上に,冷房性能が改善されることが判った.この考えに基づいて,1,220mm径の除湿ローターを有するデシカント空調の実証試験装置を,30kW級マイクロガスタービン発電機と組み合わせて製作したところ,約60kWの冷房能力を得ることができた.

An air-conditioning system with a thermally regenerated disccant was examined as a means of utilizing waste heat from micro-gas-turbine dynamos, which are becoming popular as private power sources. The individual machine elements such as desiccant rotors, sensible heat exchangers, evaporative coolers etc. were investigated to propose a new system configuration of air-conditioning. The desiccant air-conditioning system was simplified and the cooling efficiency was improved by regenerating the desiccant rotors with the heat of the waste gas introduced directly into the regeneration air stream from the micro gas turbine dynamo, and by removing the adsorption heat without simultaneous humidification by an indirect evaporative coolers, in contrast to the conventional sxstem in which the regeneration air is warmed by heat exchange with hot water produced by waste heat. A field test unit of desiccant air-conditioning system equipped with a 1,220 mm diameter desiccant rotor was assembled in combination with a 30 kW micro-gas-turbine dynamo to supply about 60 kW cooling capacity.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 28(6), 726-732, 2002-11-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409852
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6362651
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ