酸化鉄, 消石灰およびトリエタノールアミンを添加する都市ごみ焼却炉飛灰中のダイオキシン類の熱分解 Thermal Decomposition of Dioxins in Fly Ash of a Municipal Solid Waste Incinerator by the Addition of Iron Oxide, Calcium Hydroxide and Triethanolamine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却炉飛灰中のダイオキシン類の熱分解を効率的に行うための添加剤の選定と,その最適操作条件を決定するための実験を行った.飛灰に添加剤として酸化鉄,消石灰およびトリエタノールアミンを使用し,ロータリーキルンを用いた回分式熱分解を行い,熱分解の機構を推定するとともに,最適操作条件を明らかにした.

Experiments were performed to select additives that efficiently promote the thermal decomposition of dioxins in fly ash of abmunicipal solid waste incinerator and to determine the optimum operational conditions. From experiments in a batch-type operation with iron oxide, calcium hydroxide and triethanolamine as additives to fly ash, the mechanism of thermal decomposition was deduced and the optimum operational conditions were clarified.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(1), 15-19, 2003-01-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013409977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6441019
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ