同軸三重円管型気液混焼バーナーからのNO排出特性に及ぼす尿素水溶液噴霧の影響 Effect of Atomization of Urea Solution on NO Emission of Triple Coaxial Tube Burner

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

産業廃液の焼却処理への適用を目指した同軸三重円管型気液混焼バーナーにおいてNO<sub>x</sub>低減を図る方法として尿素水溶液噴霧による無触媒還元脱硝法に着目し,各種尿素水溶液噴霧条件が模擬廃液燃焼時のNO排出特性に及ぼす影響について実験的に検討した.本実験条件下ではライザー内温度が尿素によるNO還元反応の最適温度範囲を上回ることがなかったため,尿素水溶液噴霧位置のライザー内温度が高温の場合ほどNO抑制効果が高かった.尿素水溶液の濃度および噴霧速度の増加とともにNO排出濃度は低下した.尿素によるNO還元反応場における水の影響について検討した結果,本実験条件下においてその影響は小さく,尿素水溶液の濃度および噴霧速度を種々変化させた場合のNO抑制挙動をNO還元反応における尿素当量であるN.S.R.で整理することは妥当であり,その相関性は実験的にも確認された.

Non-catalytic NO<sub>x</sub>, reduction triple in a coaxial tube burner for that we have proposed for waste liquid incineration was investigated using urea solution atomized under various conditions. Because the temperature in the riser does not exceed the optimum range for NO reduction under the experimental conditions, NO emission decreases as temperature in the riser at the position of urea atomization increases. Also, the presence of water has little effect on NO reduction under the experimental conditions. Therefore, NO reduction behavior can be correlated to the normalized stoichiometric ratio. The correlation was also experimentally confirmed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(1), 27-32, 2003-01-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6441098
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ