溶融亜鉛めっき浴における金属間化合物の挙動解析 Behavior Investigation of Intermetallic Compounds in a Hot Dip Galvanizing Bath

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自動車外板向けの溶融亜鉛めっき鋼板の外観は美麗なことが要求され,溶融亜鉛めっき浴内にあるドロスがめっき鋼板表面に付着することは望ましくない.このドロス付着防止のためには,めっき浴中でのドロス挙動を把握することが必要である.そこで本研究では,浴中のドロス分布を知るために,ドロスの密度を実機での沈降試験から求めた.その結果,ドロス沈降速度は球形換算したδ1相の物性値をストークスの式に適用することで導出できることがわかった.さらに,その物性値を用いて三次元の混相流解析で浴中のドロス分布を求めた.この解析により,溶融亜鉛の流速が遅く,また乱流エネルギーの低い部分に堆積することがわかり,鋼板出側よりも入側のめっき浴底部に多く堆積する.

The surface of the galvanized strip applied to exposed automotive panels is strictly required to be of good appearance. A lot of intermetallic compounds, so-called dross, exist in a molten zinc bath, and the dross adheres to the surface of the strip. In order to prevent the adherence, the behavior of the dross in the bath should be understood. Thus, in the present study, the density of the dross was examined by sedimentation in the bath used in the product line, and three-dimensional multi-phase flow analysis was conducted to reveal the dross distribution. The terminal velocity of the dross was proved to follow Stokes' low based on the density of δ 1 phase (of Fe-Zn intermetallic compound) converted into a sphere. The dross was found to accumulate on the bottom of the bath near the inletregion rather than the outlet, where the velocity and the turbulence energy are low.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(1), 70-75, 2003-01-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410101
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6441299
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ