高速X線CTスキャナを利用した三次元流動層内における気泡の解析 Analysis of Bubbles in a Three-Dimensional Fluidized Catalyst Bed Using a Fast X-ray CT Scanner

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高速X線CTスキャナを利用して触媒流動層の分散器より0.6mの高さにおいて気泡の断層画像を得た.流動層には内径46mm,高さ1.5mのアクリル樹脂製のカラムを使用した.空気を流動化ガスとし,空塔ガス速度0.01–0.07ms<sup>− 1</sup>の範囲で測定を行った.得られた断層画像を使用して気泡の境界部の解析を行った.エマルション相の空隙率が気泡界面付近でどのように変化するか調べた.また,気泡形状を考慮した界面積を求め,気泡長さから球状を仮定して求められる気泡の界面積との比較を行った.その結果,気泡形状を考慮した界面積は気泡を球状と仮定して推算される界面積よりもかなり大きくなることがわかった.

A fast X-ray CT scanner, designed for measurement of dynamic events of multiphase fluids, generated bubble distribution images at 0.6 m above a gas distributor for a fluidized catalyst bed. The column used for the measurement was an acrylic resin tube of 46 mm in diameter 1.5 m in height. The bed was fluidized by air at superficial gas velocities of 0.01 to 0.07 m s<sup>− 1</sup>. We focused our analysis on the interface boundary around a rising bubble. We investigated the voidage change in the boundary. The interface-area of a sphere whose diameter is equivalent to the vertical length of a bubble was compared with that of a pseudo-3D bubble shape obtained by the fast X-ray CT scanner. As a result, we found that the interface area of the deformed bubble was much larger than that of the spherical one.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(1), 112-117, 2003-01-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410172
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6441449
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ