伝熱面に接して設けたウィック層による蒸発冷却促進に関する基礎研究 Fundamental Study for Augmenting Evaporative Cooling by Wick Layer Attached to Heat Transfer Surface

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 奥山 邦人 OKUYAMA KUNITO
    • 横浜国立大学大学院工学研究院 化学工学教室 Department of Materials Science and Chemical Engineering, Yokohama National University
    • 東 周平 AZUMA SHUHEI
    • 横浜国立大学大学院工学研究院 化学工学教室 Department of Materials Science and Chemical Engineering, Yokohama National University
    • 飯田 嘉宏 IIDA YOSHIHIRO
    • 横浜国立大学大学院工学研究院 化学工学教室 Department of Materials Science and Chemical Engineering, Yokohama National University

抄録

薄いウィック層を伝熱面に接して設ける方法を新たな蒸発伝熱促進技術として提案し,基礎実験として単一液滴の蒸発時間測定実験を行った.また,伝熱面全面に最大の液体供給をした場合を想定してクエンチ実験を行い,蒸発冷却特性を調査した.本技術の特徴は,通常伝熱面に対して容易に適用可能なことであり,ウィックの毛細管圧力により伝熱面上の液体の保持および高温まで至る濡れの実現を図るものである.ウィックはグラスファイバーおよび炭化珪素繊維を用い,その支持はステンレス鋼金網を用いて行った.単一液滴の蒸発時間はウィック層を設けることにより,高伝熱面温度域において著しく短縮された.またクエンチ過程における冷却速度は,液体温度が高い場合はウィック設置により大きく促進された.

A new technique to augment the evaporative heat transfer by setting a thin wick layer on the heating surface is presented. The fundamental heat transfer characteristic was evaluated by measuring the evaporation time of a droplet on the heating surface with and without the wick layer. Further, a series of quench experiments were carried out to evaluate the characteristics when the liquid supply reaches the maximum. One feature of this technique is its easy applicability to ordinary heat transfer surfaces. Glass fiber and silicon carbide fiber were tested as the wick layer, which was attached to the heating surface by a wire net. The evaporation time was appreciably shortened at a higher surface temperature when the wick layer was present. The cooling velocity of the quench process is augmented at a high liquid temperature. The cause of this high performance is considered to be a holding effect of liquid on the surface and an increase in effective wetness between liquid and solid by the suction pressure in the wick layer.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(1), 131-136, 2003-01-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6441512
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ