都市ガスを利用する家庭用燃料電池システムの最適定格出力 : 実測エネルギーデータに基づく最適定格出力計算 Optimum Power-Generation Capacity of Fuel Cells for Residential Use Systems Using City Gas : Calculation of the Optimum Generating Capacity of Fuel Cells Based on Practical Energy Demand

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

群馬県桐生市のいくつかの家庭の電力・給湯・都市ガスの各使用量を実測し,このデータを基に家庭用燃料電池システムの導入を想定した際のエネルギー計算を行なった.<br>都市ガスを利用する燃料電池システムの導入に伴うエネルギーコストの削減効果の観点から,各家庭に最適な燃料電池の定格出力を求めた.家族構成,季節の違いによる結果の比較も行った.調査した標準家庭の多くでは,最適定格出力が0.5–1.0kWの範囲であった.また,パラメータ変動による最適定格出力や利益への影響についての検討も行なった.

Calculations to evaluate the economic benefit of introducing fuel cell systems for residential use were conducted based on domestic energy demand. The energy demand, i.e., demand for electricity, city gas and hot-water, was measured in houses in Kiryu, Gunma. Energy cost reduction was obtained as a function of the power generation capacity of the fuel cells and the unit costs of electricity and city gas. In most houses, the optimum generating capacity of fuel cells was in the range between 0.5 kW and 1.0 kW. The effect of the parameters on cost reduction and the optimum power generating capacity was quantitatively demonstrated.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(2), 261-266, 2003-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6518161
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ