飛灰中重金属の硫化物固定化処理過程におけるダイオキシン類分解挙動 Decomposition Behavior of PCDDs/PCDFs in the Process of Sulfuration of Heavy Metals in Fly Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 澤田 佳代 SAWADA KAYO
    • 名古屋大学大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻 Department of Energy Engineering and Science, Nagoya University
    • 松田 仁樹 MATSUDA HITOKI
    • 名古屋大学難処理人工物研究センター Research Center for Advanced Waste and Emission Management, Nagoya University

抄録

飛灰をアスファルトと硫黄,水酸化ナトリウムとともに加熱混線することによる飛灰中重金属の硫化物固定化処理過程において,飛灰中のダイオキシン類の分解が可能であることが明らかとなった.ダイオキシン類の分解は脱塩素化によって進行し,飛灰100g(ダイオキシン類含有量14,490ng/g,毒性当量34.3ngTEQ/g)に対し,アスファルト2.5g,硫黄5.3g,水酸化ナトリウム8.0g,混練温度593K,混練時間1時間の条件下で,ほぼ100%の分解率が得られた.

Polychlorinated dibenzo-<i>p</i>-dioxins (PCDDs) and polychlorinated dibenzofurans (PCDFs) in MSW incineration fly ash were decomposed in the process of sulfuration treatment of heavy metals by mixing fly ash with asphalt, sulfur and sodium hydroxide in a heated bi-axial kneader. Complete decomposition of PCDDs/PCDFs was achieved in accordance with their dechlorination when 100 g fly ash (PCDDs/PCDFs content: 14,490 ng/g) was treated with 25 g asphalt, 5.3 g sulfur and 8.0 g sodium hydroxide at 593 K for 1 hour.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(2), 309-312, 2003-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410590
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6518309
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ