超音波減衰分光法による低濃度分散系におけるシリカ粒子径分布評価 Particle Size Analysis of Silica Powders in Diluted Dispersed Suspension by Ultrasonic Attenuation Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

超音波減衰分光法により,低濃度分散系において球状シリカ粒子の粒子径分布測定を行い,結果をX線透過法による測定結果と比較した.その結果,超音波減衰スペクトラムから粒子径分布を計算する際に必要な減衰係数に着目すると,シリカ粒子径が大きくなるとともに粘性ロスに加えて散乱ロスの影響が増すことを明らかにした.さらに,粘性ロスと散乱ロスを考慮した減衰係数により粒子径分布を計算すると,X線透過法による粒子径分布測定結果と良い一致が得られることを示した.

The particle size distribution of silica powders in diluted dispersed suspension was evaluated by ultrasonic attenuation spectroscopy and compared to that analyzed by X-ray sedimentation. With increasing diameter of the silica particle, the ultrasonic attenuation was dominantly influenced by viscous losses as well as scattering losses. It was shown that the calculated particle distribution based on measurement of these two losses was in good agreement with that obtained by X-ray sedimentation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(3), 442-444, 2003-05-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013410863
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6596393
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ