酵素固定化担体の疎水性制御によるモノオレインの選択的合成 Selective Esterification of Monoolein by Controlling the Hydrophbicity of Enzyme-Immobilization Matrixes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 宗治 GOTO MUNEHARU
    • 北九州工業高等専門学校物質化学工学科 Department of Material Science and Chemical Engineering, Kitakyushu National College of Technology
    • 畑中 千秋 HATANAKA CHIAKI
    • 北九州工業高等専門学校物質化学工学科 Department of Material Science and Chemical Engineering, Kitakyushu National College of Technology
    • 上江洲 一也 [他] UEZU KAZUYA
    • 北九州市立大学国際環境学部 環境化学プロセス工学科 Department of Chemical Processes and Environments, University of Kitakyushu
    • 後藤 雅宏 GOTO MASAHIRO
    • 九州大学大学院工学研究院 応用化学部門 Department of Materials Science and Engineering, Kyushu University

抄録

<i>Rhizopus</i>起源のリパーゼを<i>n</i>-ビニル-2-ピロリドン,メタクリル酸-2-ヒドロキシエチル,<i>n</i>-イソプロピルアクリルアミドの重合によって得られる樹脂中に包括固定化した.調製した固定化リパーゼまたは遊離リパーゼを用いて,グリセリンとオレイン酸のエステル合成反応を37°Cで行い,リパーゼ担体の極性がエステル合成反応の選択性に及ぼす影響について検討した.親水性の担体(<i>n</i>-イソプロピルアクリルアミド)にリパーゼを固定化することにより疎水性(<i>n</i>-ビニル-2-ピロリドン)の担体に固定化した場合や遊離リパーゼを用いた場合と比較して選択的にモノオレインを合成することができた.

Lipase from <i>Rhizopus</i> sp. was immobilized in the polymer matrix prepared by polymerization of <i>n</i>-vinyl-2-pyrrolidone, 2-hydroxymethacrylate or <i>n</i>-isopropyl acrylamide. The esterification of oleic acid and glycerol was carried out at 310 K by using the immobilized lipase or free lipase. The selectivity of monoolein was dependent on the hydrohobicity of the polymer matrix immobilizing lipase. The hydrophilic polymer provided a high selectivity for monoolein in the esterification. It was found that controlling the hydrophobicity of the enzyme-immobilized matrix allowed the final constitution of the equilibrium state to be shifted.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(4), 565-567, 2003-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411187
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6655554
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ