絶縁油に含まれる微量ポリ塩化ビフェニル(PCB)の簡易測定 A Simple Analytical Method for Trace Polychlorinated Biphenyls (PCBs) in Insulating Oil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 伸幸 TANAKA NOBUYUKI
    • (財)電力中央研究所大気科学部 Atmospheric Science Department, Central Research Institute of Electric Power Industry

抄録

主として無害化処理後の絶縁油に含まれる微量のPCBを,測定妨害成分である鉱油成分から簡便迅速に分離し測定するため,カラムクロマトグラフィーを用いた前処理法について検討した.カラムの充填剤としてアミノプロピル(NH<sub>2</sub>),シアノプロピル(CN),ないしは2,3-ジヒドロキシプロポキシプロピル(DIOL)を用いた時,鉱油成分の除去率は99.96%にとどまることがわかった.これは,絶縁油に含まれる0.05ppmのPCBを測定する際に要求される鉱油成分の除去率(最大で>99.995%)に満たなかった.そこで,鉱油成分の除去率を向上させるため,展開溶媒の変更,充填剤の変更,およびプレカラムの付加について検討を行った.その結果,シリカゲルを充填したプレカラムを付加することにより,鉱油成分の除去率を目標値である99.995%まで高めることに成功した.新たに開発した手法を0.05ppmから3.5ppmのPCBを含む鉱油試料および化学処理後の絶縁油試料に適用した結果,いずれもPCBを同定・定量できた.また同一試料について本法と公定法との比較を行い,両者の測定値に統計的に有意な差がないことを確認した.以上より,本法は絶縁油試料への適用が可能であり,その測定値は妥当であると評価された.

An analytical method using column chromatography was examined for the simple and rapid analysis of trace PCB in insulating oil. From the results of PCB analysis using a column chromatograph packed with aminopropyl, cyanopropyl or 2, 3-dihydroxy propoxypropyl as adsorbent, mineral oil removal efficiency was inferred to be 99.96%, which did not satisfy the requirement (max : > 99.995%) for PCB in post-processing insulating oil analysis. Thus, a column packed with silica gel was attached to the main column to improve mineral oil removal efficiency. As a result, the required 99.995% mineral oil removal efficiency was achieved. This method was applied to the analysis of PCB in insulating oil, showing that each PCB was measured quantitatively. In addition, the analytical data obtained in this study were compared with those obtained by the official analytical method, revealing a statistically non -significant difference. Accordingly, the modified method was determined to be applicable to the analysis of PCB in insulating oil.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(5), 628-634, 2003-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411334
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6715037
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ