汚泥の炭化による廃棄物燃焼ガス精製用活性コークスの製造と性能特性 Production and Performance of Active Cokes by Carbonation of Sludge for Removal of Pollutants in Combustion Gas of Wastes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

下水汚泥を原料とし従来の吸着材の製造方法である炭化後賦活処理を行うのではなく流通ガスによる加熱処理のみの一工程で製造した活性コークスを,廃棄物の燃焼排ガスまたはガス化による燃料ガスに含まれる有害物質の吸着除去プロセスへ応用するシステムを提案し,活性コークスの製造試験および性能評価試験を行った.活性コークス製造試験では,ペレット状に成形した乾燥汚泥を石英ガラス製反応管内で加熱処理し,得られた活性コークスの細孔構造に与える反応管内流通ガスの種類,温度制御および処理時間の影響について検討を行った.その結果,細孔構造は温度,流通ガスの種類(N<sub>2</sub>,CO<sub>2</sub>およびスチーム),処理時間に影響され,処理温度823K,処理時間60分,スチーム雰囲気下で製造した活性コークスが細孔径5nm以下で最も大きな比表面積を有していることを明らかにした.一方,活性コークスへのダイオキシン代替物質として用いたベンゼン吸着量試験から,比表面積当りの吸着量が,工業的に使用されている石炭を原料とした活性チャーと同レベルの吸着量を有することを示した.

This study proposes a system to recycle sludge into active cokes and to apply them to removal of contaminants contained in combustion gas or fuel gas produced by gasification of wastes. Fundamental examinations for production of active cokes from sludge and evaluation were couducted. Dry pellets of sludge were heated up in a quartz tube reactor under several atmospheres. The pore structure and the adsorption performance of the produced cokes are examined. The pore structure was found to be influenced by the temperature, the type of flow gas (N<sub>2</sub>, CO<sub>2</sub> or steam) and heat treatment time, and the active cokes produced by treatment of temperature 823 K for 60 minutes in a steam atmosphere had a largest specific surface area, with a pore diameter of less than 5 nm. The amount of benzene used as an alternative substance of dioxin into the active cokes had a similar quality to a commercial active char produced from coal in terms of adsorption per unit specific surface area.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(5), 635-639, 2003-09-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411348
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6715048
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ