管状焼結体を挿入した二相密閉型熱サイフォン内の熱伝達 Heat Transfer Characteristics in Two-Phase Closed Thermosyphons with a Tubular Sinter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井村 英昭 IMURA HIDEAKI
    • 熊本大学工学部 知能生産システム工学科 Department of Mechanical Engineering and Materials Science, Kumamoto University
    • 小糸 康志 KOITO YASUSHI
    • 熊本大学工学部 知能生産システム工学科 Department of Mechanical Engineering and Materials Science, Kumamoto University

抄録

二相密閉型熱サイフォンは,ガス-ガス型熱交換器,道路の凍結防止,融雪,電子機器の冷却等に広く応用されている.しかしながら,熱サイフォンに供給する熱流束が小さい場合,熱サイフォン管内では作動液の沸騰が間欠的となり,作動液の振動流動が発生して,管内温度および管内圧力が大きく変動する.そこで本研究では,気泡核を供給することにより作動液の沸騰を連続させ,管内温度および管内圧力の変動の抑制を試みた.気泡核は,熱サイフォン管下部の作動液液溜内に管状焼結体を挿入することによって供給した.実験結果から,管状焼結体を挿入することにより,管内での作動液の振動流動が抑制され,管内温度および管内圧力の変動量が小さくなることがわかった.

Two-phase closed thermosyphons are applied to the gas-to-gas heat exchangers, the prevention of icing of roads, the melting of snow, the cooling of electronic devices and so on. However, when the heat fluxes supplied to the thermosyphon are small, the temperatures and pressure in the thermosyphon oscillate because the geysering of working fluid occurs due to the intermittent boiling. The present study attempts to restrain the oscillation by supplying bubble nuclei. A tubular sinter was inserted into the working fluid at the bottom of the thermosyphon to supply bubble nuclei. The experimental results show that the amplitudes of oscillating temperatures and pressure in the thermosyphon were decreased by inserting the tubular sinter.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(5), 698-700, 2003-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6715302
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ