マイクロ波併用熱風対流乾燥実験装置による湿り多孔体の乾燥挙動 Drying of Wet Porous Material Using a Combined Convective and Microwave Dryer of Laboratory Scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市販電子レンジを改造した簡易型マイクロ波併用熱風対流乾燥実験装置を試作した.この装置を用いて,マイクロ波併用熱風対流乾燥実験と熱風対流乾燥実験を行い,湿り多孔体の乾燥速度を実測した.マイクロ波を併用しない場合に比して限界含水率付近での乾燥速度増加が著しく,乾燥所要時間は約1/2となった.また,両実験結果よりマイクロ波発熱率の含水率依存性を推定した結果,含水率に対する大きな依存性が示唆された.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(5), 718-721, 2003-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6715438
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ