含高分子液体で湿った多孔平板の対流乾燥における含高分子率分布の推定 Prediction of Polymer Content Profile in Convective Dried Porous Slab Wetted with Polymer Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

含高分子液体で湿った多孔体を対流乾燥して得られた乾き材料内の含高分子率分布推定モデルを提案した.モデル式は簡便で実用的である.モデル式の妥当性を検証する目的で,ポリビニルアルコール水溶液またはスチレンブタジエン系ゴムラテックスで湿ったガラス微粒子層を用いて対流乾燥実験を行い,乾き層内含高分子率分布を測定した.実測値と推定値の比較・検討を行った結果,両者の一致は良好であった.

A mathematical model was proposed that gave the polymer content profile in convective dried porous material wetted with polymer solution. The model equations were simple and practical. Convective drying experiments were performed by using a glass particle layer wetted with aqueous polyvinyl alcohol solution or styrene-butadiene rubber latex, and polymer content profiles in dried samples were measured. Agreement between the calculated and the measured results was satisfactory.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 29(6), 819-822, 2003-11-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013411738
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    6776976
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ