浚渫土を地域資源として活用した人工干潟の造成例 The Example of Reclamation of the Artificial Tidal Flat which Utilized the Dredge Ground as Local Resources

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

児島湖は淡水化以来, 流域の都市化の進展や生活様式の変化などによって, 湖水の富栄養化が進み, 児島湖の環境悪化は大きな社会問題となってきた。また, 建設当時の時代背景から児島湖湖岸の堤防は機能本位でコンクリート構造が多く, 生態系, 景観および親水性等に配慮されてはいない。<BR>一方, 児島湖は水質改善のための底泥浚渫によって大量の脱水ケーキが発生し, その処分に苦慮している。この脱水ケーキを廃棄物としてではなく地域資源として活用し, 水質を含めた児島湖および周辺環境の全般的な改善 (多面的機能の発揮) を促進するための人工干潟造成の設計計画を行った。

収録刊行物

  • 農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 72(8), 685-688, 2004-08-01

    社団法人 農業農村工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    武田育郎

    水と水質環境の基礎知識, 8-9, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    中国四国農政局山陽東部土地改良建設事務所

    児島湖沿岸農地防災事業計画概要パンフレット, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    財団法人港湾空間高度化センター港湾 海域環境研究所

    港湾における干潟との共生マニュアル 89, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    財団法人港湾空間高度化センター港湾 海域環境研究所

    港湾における干潟との共生マニュアル 95

    被引用文献1件

  • <no title>

    桜井善雄

    最先端の緑化技術 204, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    栗原康

    沿岸域の生態とエコテクノロジー 142, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    杉山恵一

    自然環境復元の技術 116, 1998

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013437947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020119X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03695123
  • NDL 記事登録ID
    7062303
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-364
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ