植物染料の抗細菌活性の検出 Detection of antibacterial activity in plant dyes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

数種の植物の染液および染色布の抗細菌特性について「繊維製品の抗菌性試験方法(JIS L 1902)」の定性試験により検討した結果、キハダに黄色ぶどう球菌に対する抗細菌活性が認められ、肺炎桿菌に対する抗細菌活性はいずれの植物にも認められなかった。また、定量試験によりキハダとタマネギの染色布について、染色条件の違いによる黄色ぶどう球菌に対する抗菌特性を検討した結果、染色濃度については、染色濃度が高くなるほど抗細菌活性が増す傾向が認められ、媒染剤については銅に強い抗細菌作用が認められた。

収録刊行物

  • 日本蠶絲學雜誌

    日本蠶絲學雜誌 73(1), 31-35, 2004-04-30

    日本蠶絲學會

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013438044
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00190300
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00372455
  • NDL 記事登録ID
    7063671
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-343
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ