ペースメーカー植え込みを行った猫に認められたペーシング異常 Pacemaker Pseudo-malfunction in a Cat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

10歳, 未避妊雌の雑種猫が1カ月前からの痙攣発作を主訴に来院した.失神時の心電図所見より, 一過性第3度房室ブロックによるアダムスストークス発作と診断した.ペースメーカーの植え込みを実施したところ, 植え込み後より致死的不整脈に移行しかねないSpike on Tといった異常ペーシングが確認されたため, 不応期の短縮, 電極の変更, 感度の調節を行った結果, 異常ペーシングは消失した.現在術後9カ月経過しているが異常ペーシングは認められず, 順調に経過している.

A ten-year-old female domestic shorthair cat was referred to the Azabu University Teaching Hospital with a four-week history of episodic syncope. Electrocardiography revealed Adam-Stokes syncope caused by a paroxysmal third-degree atrioventricular block. A permanent pacemaker implantation was performed to prevent further episodes. Inappropriate pacing like spikes on T, which might cause critical arrhythmias, was noticed immediately after implantation. Refractory-period reduction to minimize the likelihood of noise reversion during tachycardia, selection of bipolar pacing, and sensitivity adjustment eliminated the pacing problem. Nine months after the implantation, no further abnormal pacing had occurred.

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 57(8), 525-529, 2004-08-20

    公益社団法人 日本獣医師会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013438155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    7064573
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ