火力発電プラントにおけるスケール成長挙動に関する研究 A Study of Scale Growth in Fossil Power Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 峯元 雅樹 MINEMOTO Masaki
    • 九州大学大学院工学研究院 化学工学部門 Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu University

抄録

火力発電プラントのボイラ伝熱管におけるスケール成長モデルを構築し, AVTおよびCWTの各給水処理を採用した場合のスケール成長挙動の予測, スケール除去を行う化学洗浄頻度の予測について検討を行った. 亜臨界圧ボイラのスケール成長挙動のシミュレーション結果では, 従来の実測データとよく一致し, 本モデルの妥当性が確認された. この結果, CWTはAVTに比べて約2.5-3倍化学洗浄頻度を延長できることがわかった. また, 超臨界圧ボイラについては, CWTでの70,000 h運転までの実測データから推定すると, 化学洗浄を必要とするスケール厚さに到達するのに200,000 hとなり, AVTの化学洗浄頻度25,000-40,000 hに対し, 約5-8倍延長できると予想された.

A model of scale growth in the furnace water wall tubes of fossil power plants was constructed as a means to predict scale growth in AVT and CWT feedwater treatment methods and the frequency of chemical cleaning for scale removal. The results of scale growth simulation for sub-critical pressure boilers were in good agreement with conventionally measured data, confirming the suitability of the model presented. Consequently, it was found that the chemical cleaning interval for CWT could be extended by about 2.5-3 times compared with AVT. In the case of super-critical pressure boilers, it was predicted from measured data up to 70,000 h for CWT that scale thickness would reach a point requiring chemical cleaning at 200,000 h as opposed to about 25,000-40,000 h for AVT, indicating that the chemical cleaning interval could be extended by about 5-8 times.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 391-398, 2004-07-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442287
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047211
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ