真空加熱分離方式による柱上変圧器構成部材処理の最適化 Optimization of Recycling of a Pole Transformer by Vacuum Heating Separation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 良 TANAKA Ryo
    • 名古屋大学大学院工学研究科 分子化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Nagoya University
    • 森 滋勝 MORI Shigekatsu
    • 名古屋大学大学院工学研究科 先端技術共同研究センター Center for Cooperative Research in Advanced Science and Technology, Nagoya University

抄録

絶縁油にPCBを含む柱上変圧器の処理方法の一つとして, 真空加熱分離方式が提案されている. この方式は真空下で加熱することによりPCBを含む絶縁油を処理対象機器から低温で分離することができるため, 対象機器と絶縁油およびPCBの変質を最小限にとどめ, 高い除去能力を持つことが特長である. しかし, 真空加熱分離方式では真空下で処理物を加熱するため, 加熱炉から処理物までの伝熱が悪く加熱に必要な時間が非常に長くなっているのが現状である. そこで本研究では, 加熱時間を大幅に短縮することを目的として, 実際の柱上変圧器を細分化して充填した充填層の有効熱伝導度を測定し, その結果をもとに伝熱シミュレーションを展開した. シミュレーション結果から, 伝熱板の設置枚数, 系内圧力, 加熱温度, 昇温速度等の運転条件が処理時間に与える影響を明らかにし, 運転条件最適化に関する指針を得た.

Vacuum heating separation is one of the methods for removing insulation oil from used pole transformers. In this method, the insulation oil and PCBs are removed from the pole transformers by vaporizing them under vacuum at 200°C, and a high removal performance is achieved without deterioration of the insulation oil, PCBs and pole transformers. However, a long heating time is required to detoxify the pole transformers, because they are heated by radiative heat transfer under vacuum. The purpose of this study is to reduce the heating time of the vacuum heating separation method by means of heat transfer numerical simulation. The simulation results clarified the influences of operating conditions such as the number of plates, pressure in the furnace, heating temperature and heating rate on the heating time of the method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 425-431, 2004-07-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442329
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047258
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ