振動乾燥機を利用した真空加熱分離方式による柱上変圧器処理 Removal of Insulation Oil from a Pole Transformer by Vacuum Heating Separation Using a Vibration Dryer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

絶縁油にPCBを含む柱上変圧器の処理方法の一つとして, 真空加熱分離方式が提案されている. この方式は真空下で加熱することによりPCBを含む絶縁油を処理対象機器から低温で分離することができるため, 対象機器と絶縁油およびPCBの変質を最小限にとどめ, 高い除去能力を持つことが特長である. しかし真空下で輻射伝熱によって処理物を加熱するため, その伝熱効率は極めて低いものとなっている. 本研究では, 真空加熱分離方式に振動乾燥機を新しく処理システムに導入し処理物を流動化させることで処理物加熱時間の短縮および設備費用の削減を図った. その結果, 流動によって伝熱は促進され処理物の加熱は急速に行われることがわかった. その伝熱特性を解析し, 振動乾燥機を採用して実際のプラントへ適応した場合の性能を推算した結果, 処理物の加熱に必要な時間を現在のプラントよりも48-50%短縮し, 必要な設備面積も84-88%縮小できることが明らかとなった.

Vacuum heating separation is one of the methods for removing insulation oil from pole transformers. In this method, the insulation oil and PCBs are removed from the pole transformers by vaporizing them under vacuum at 200°C, and a high removal performance is achieved without pyrolyzing the insulation oil, PCBs and pole transformers. However, it takes a long time to detoxify pole transformers, because they are heated by radiative heat transfer under vacuum.<br>The purpose of this study is to make the vacuum heating separation method more efficient by using a vibration dryer. This new method can reduce not only the treatment time, but also running cost. It was estimated that the heating time could be shortened to 48-50% and the space required reduced to 84-88% in comparison with a conventional plant.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 440-446, 2004-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047306
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ