藻類培養における最適通気量 Optimal Sparging Conditions for Algal Cultivation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

藍藻スピルリナおよび緑藻クロレラの比増殖速度に及ぼす通気量の影響について実験的に検討した. クロレラを培養する場合, 通気量5 mL・s<sup>-1</sup>以上で比増殖速度がほぼ一定になるのに対し, スピルリナの培養では通気量6 mL・s<sup>-1</sup>で比増殖速度が最大となった. スピルリナの培養には最適通気量があり, 過剰通気はスピルリナの比増殖速度を低下させることがわかった.

We experimentally investigated the effects of airflow rate on the specific growth rates of a blue-green algae, <i>Spirulina platensis</i>, and a green algae, <i>Chlorella pyrenoidosa</i>. For cultivation of <i>C. pyrenoidosa</i>, the specific growth rate was constant when the airflow rate was greater than 5 mL·s<sup>-1</sup>. For cultivation of <i>S. platensis</i>, the specific growth rate had a maximum value when the airflow rate was 6 mL·s<sup>-1</sup>. We found that an optimal flow rate existed for cultivation of <i>S. platensis</i> and that excess aeration tended to decrease its specific growth rate.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 545-548, 2004-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442538
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047594
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ