超音波照射による伝熱面へのスケール析出防止 Prevention of Scale Deposition on a Heat-Transfer Surface by Using Ultrasonic Irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

伝熱面におけるスケール析出を非接触で防止する方法として超音波照射法を考案した. 試料には硫酸カルシウム飽和水溶液を用い, 銅管表面のスケール析出量を重量法で測定した. 超音波を照射しない場合では硫酸カルシウムスケールが析出したが, 超音波照射下では析出しなかった. 超音波を間欠照射した場合, スケールの核生成期間での超音波照射がスケール析出抑制に対して有効であることが認められた.

The use of ultrasonic irradiation was proposed as a means to prevent scale deposition on a heat-transfer surface. A copper pipe was immersed in aqueous calcium sulfate solution, and the mass of calcium sulfate scale deposited on the pipe was measured. A significant amount of scale was deposited when ultrasonic irradiation was not applied, but no scale was deposited when it was applied. It was further found that intermittent irradiation during the period of scale nucleation was effective for the prevention of deposition.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 549-551, 2004-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442550
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047609
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ