スレイトールの給湯用潜熱蓄熱材としての基礎特性評価 Evaluation of Fundamental Characteristics of Threitol for Latent Heat Storage for Hot Water Supply

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

DSCおよび融解・凝固特性評価装置を用いてmeso-Erythritolの光学異性体であるD-Threitolの潜熱蓄熱材としての基礎特性を評価した. DSCによりD-Threitolは90℃付近で225 kJ/kgという大きな融解潜熱をもつことが明らかとなった. また, D-Threitolを用いた融解・凝固特性の繰り返し評価実験より, DSC結果で得られたのと同様に90℃で融解し, 40-46℃まで冷却されると速やかに凝固し発熱することから, 給湯用の蓄熱システムに適用可能な蓄熱材と考えられた.

As a phase-change material (PCM) for high-temperature heat storage at around 80-90°C, D-threitol, which is an isomer of meso-erythritol, was studied to obtain its phase-change characteristics by means of DSC and a lab-scale heating and cooling apparatus. It was found that D-threitol started to melt at around 90°C with a relatively large latent heat of 225 kJ/kg. Upon cooling, D-threitol started to solidify at around 40-46°C and its temperature rose rapidly to 89°C. From these results it was considered that D-threitol is applicable as an environmentally friendly PCM for high-temperature heat storage for hot water supply.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(4), 552-555, 2004-07-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013442557
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7047614
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ