産業用洗浄における最良利用可能技術(EVABAT)の検討 Study of Economically Viable Application of Best Available Technology in Cleaning Process

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN

    化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 68(3), 139-141, 2004-03-05

    化学工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    経済産業省

    平成13年度PRTRデータの概要-化学物質の排出量 移動量の集計結果-, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー 産業技術総合開発機構

    エネルギー使用合理化に係る化学物質リスク削減のための最適適用可能技術 (EVABAT) 体系の確立に関する調査, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    新エネルギー 産業技術総合開発機構

    化学物質リスク削減による使用エネルギーの最適化等に関する技術評価手法調査, 2003

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013443098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037212
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03759253
  • NDL 記事登録ID
    6986764
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-53
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ