大阪市とその周辺における過去約100年間の化石燃料燃焼史 : 堀・溜池堆積物に記録された球状炭化粒子の変遷 History of Fossil Fuel Combustion during the Last 100 Years in and around Osaka City, Japan : Changes of the Spheroidal Carbonaceous Particles (SCPs) Recorded in a Moat and in Pond Sediments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村上 晶子 MURAKAMI Akiko
    • 大阪市立大学大学院理学研究科 Department of Geosciences, Graduate School of Science, Osaka City University
    • 井上 淳 INOUE Jun
    • 大阪市立大学大学院理学研究科 Department of Geosciences, Graduate School of Science, Osaka City University

抄録

球状炭化粒子は,化石燃料の高温燃焼によって生成され,産業革命以降の堆積物中にしばしば含まれることが知られている.このため,地域的な化石燃料燃焼の変遷や産業活動に伴う大気汚染などの環境変化を解明する指標として,堆積物中の球状炭化粒子の研究が進められている.本研究では,堆積物に記録された球状炭化粒子の変遷とその発生源を解明する目的で,新たに掘削した約100年間にわたる大阪城内堀堆積物と溜池堆積物のコアについて,球状炭化粒子分析を行った.大阪城内堀堆積物と大阪市長池堆積物の球状炭化粒子量の変化は,堆積物の上位で多くなる共通の傾向が認められた.さらに,球状炭化粒子は1950年頃から増加し,1960年頃に最も多くなったと推察された.また,上位の堆積物中には,石油燃焼によって生成されたと考えられる特徴的な形態の球状炭化粒子が認められた.こうした一連の球状炭化粒子の傾向は,大阪城外堀堆積物にも認められている.これらの球状炭化粒子の多くは,周囲の状況や球状炭化粒子の飛散距離を考慮すると,大阪湾岸地域の工業地帯から供給されたものと考えられる.そして,一連の球状炭化粒子量や形態の変化は,大阪湾岸地域における火力発電所などの化石燃料燃焼の変遷を反映していると考えられる.

To clarify the temporal and spatial distribution of industrial atmospheric pollutants, spheroidal carbonaceous particles (SCPs) produced by high-temperature combustion of fossil fuel in sediments have been examined. We examined two core sediment samples in Osaka City (the inner moat sediments around Osaka Castle and Nagaike Reservoir sediments), conducted concentration analysis and electron microscopic observations, and compared them with outer moat sediment results. The results of the analysis indicate that SCPs are detected in both of the core samples, and vertical variations of the SCPs concentrations are similar. The SCPs concentration increases upward gradually above the layer which has been dated to the 1950s, and the highest level is detected in the layer which has been identified to be the 1960s. In the uppermost sediments, SCPs exhibit convoluted and layered surface structure, indicating that their origin is oil combustion. It is considered that these vertical temporal trends correspond to the historical changes of SCPs emissions from fossil fuel combusted in power plants and other facilities around Osaka Bay.

収録刊行物

  • 第四紀研究

    第四紀研究 43(4), 265-274, 2004-08-01

    日本第四紀学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013453731
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    7052578
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ