米麹から分離した乳酸菌が生産するバクテリオシン  [in Japanese] A bacteriocin Produced by Lactic Acid Bacteria Isolated from Rice Koji  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

清酒の「火落ち」は, 技術の進んだ現在でもみられる古くて新しい問題である。特に近年の多様化の成功例である「生酒」の出荷管理にはミクロフィルター濾過などが利用されているが課題は多い。最近, 火落ちを防止する新しい方法として, 乳酸菌の生産するバクテリオシンであるナイシンおよびアシドシン8912を利用した製造方法も報告されているが, 本稿は清酒製造工程の中で, バクテリオシンを生産し火落ちを防止できる可能性を持つ乳酸菌を米麹より分離した著者らの研究について解説いただいたものである。今後の研究の発展が待たれる。

Journal

  • JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN

    JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN 99(8), 554-557, 2004-08-15

    Brewing Society of Japan

References:  9

Cited by:  2

  • 酵素  [in Japanese]

    小関 卓也

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 100(4), 233-235, 2005-04-15

    References (45)

  • 成分・分析  [in Japanese]

    磯谷 敦子

    Journal of Janpan Soy Sauce Research Institute 100(4), 241-244, 2005-04-15

    References (48)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10013454223
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10034389
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09147314
  • NDL Article ID
    7063161
  • NDL Source Classification
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL Call No.
    Z17-416
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top