インドネシアの食料安全保障に対する米の輸入関税政策の影響 Impact of Rice Import Tariff Policy on Indonesia Food Security

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1998年までインドネシア政府は, 政府食糧調達庁のもとで, 米の輸出入管理を独占的に行ってきた. この一環で, 食料自給の達成を目的とした政策が1980年代半ばまで続けられ, 米の国内価格は国際価格に比べて安定していた. しかしながら1993年以降, 米の生産量の増加が鈍化し, 輸入量の増大と自給率の低下をもたらした.<br>1997-1998の食料・通貨危機を経て, インドネシア政府は米の貿易自由化に同意し, 民間部門が無関税で米の輸入を行うことを許可した. これにともなって, 政府が米の国内価格を安定させる力を失ったことに対する懸念がでてきた. そこで生産者と消費者の利益のバランスを保つために, いくつかの米に関する政策が施行された. 2000年には, インドネシア政府ははじめて米の関税政策を導入した. この政策は余剰米を生産できる生産者を優遇する一方, 飯米にも事欠く生産者のような低所得世帯にとっては不利なものであった. 本研究は部分均衡モデルによって, 関税が生産者や消費者のウェルフェアにもたらす影響を分析する.

収録刊行物

  • 農林業問題研究

    農林業問題研究 40(1), 25-35, 2004-07-25

    富民協会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013454349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00202829
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888525
  • NDL 記事登録ID
    7103315
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-410
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ