アルコール長期多飲者におけるP300潜時, WAIS-R, 聴覚誘発電位の検討 P300 latency, WAIS-R and auditory evoked potential study in alcohol drinkers

この論文をさがす

著者

    • 大石 実 OISHI Minoru
    • 日本大学練馬光が丘病院・神経内科 Departments of Neurology, Nihon University Nerima Hikarigaoka Hospital
    • 生井 明浩 IKUI Akihiro
    • 日本大学練馬光が丘病院耳鼻咽喉科 Departments of Otorhinolaryngology, Nihon University Nerima Hikarigaoka Hospital

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 39(4), 322-323, 2004-08-28

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013456353
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ