体外循環時のトラブル・アクシデント対策

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当院では,体外循環中のトラブルやアクシデントに対する対策として,人工心肺回路,カニューレなどの物品点検チェックリストの使用およびプライミング後,術野側回路接続時,人工心肺終了時にそれぞれのチェックリストを使用している。また,各種警報装置の適切な使用と定期的なミーティングを行い,マニュアルの改訂をすることで,トラブルに対する意識の向上と対応技術のレベルアップを行ってきた。当院で経験した主なトラブルは,脱血管の折れ曲がりによる脱血不良,熱交換器のリーク,循環停止解除直後の突然の脱血不良である。これらのトラブルはチェックリスト,マニュアルの活用により対処可能であり,患者の生命に関わる大きな事故とはならなかった。また,トラブル後にはミーティングを行い,実際に行った対応の検証とマニュアル以外で必要であった新たな項目をチェックリストに追加しマニュアルの改訂を行った。今後,更にマニュアルを検討し改訂することでより安全な業務を目指したい。また,医療事故防止のためにチーム医療の一員として,安全な体外循環業務の確立と安全性の向上に努めたい。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 31(1), 74-78, 2004-03-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013457324
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ