安全性を重視した体外循環システムの工夫

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山越 理恵
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部
    • 百瀬 直樹
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部
    • 内田 隆行
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部
    • 後藤 悟
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部
    • 安藤 勝信
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部
    • 中島 逸郎
    • 自治医科大学附属大宮医療センター 臨床工学部

抄録

近年,人工心肺の安全性が注目されている。我々は,安全性の高い人工心肺システムを作るために工夫してきたので報告する。安全性の高い人工心肺システムを作るためには,システムや使用物品をシンプルにすることでミスを起こしにくい環境を作ることが必要である。その結果,以前よりフールプルーフやフェールセーフに則した人工心肺システムを作ることができ,安全な体外循環が行えていると考えている。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 31(1), 79-81, 2004-03-01

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

ページトップへ