蛍光色素モノブロモバイメイン標識による大豆タンパク質ジスルフィド結合の解析 Analysis of Disulfide Bonds in Soybean Proteins using Fluorescence Labeling by Monobromobimane (mBBr)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大豆タンパク質のSS結合をジチオスレイトールで還元し,蛍光色素モノブロモバイメイン(mBBr)で標識し,電気泳動で解析した.グリシニンの酸性サブユニット,塩基性サブユニット,Bowman-Birkプロテアーゼインヒビターに由来する主要バンドが見出された.二次元電気泳動上のスポットのうち,17個のポリペプチドがmBBr蛍光標識で検出された.国産大豆33品種について,mBBr標識されたバンドの蛍光強度と,豆腐の物性の関係を調べた.グリシニン塩基性サブユニットおよび酸性サブユニットが,それぞれ相関係数0.69および0.39で豆腐の破断応力と正の相関があったが,Bowman-Birkプロテアーゼインヒビターには豆腐破断応力との相関関係が見られなかった.豆腐のゲル形成にはグリシニンの塩基性サブユニット成分が寄与するものと推定された.

Disulfides bonds in soybean proteins were estimated by labeling with a fluorescent reagent, monobromobimane (mBBr) and subsequent electrophoresis. Prior to the labeling by mBBr, disulfide bonds in the proteins were chemically reduced by 0.5mM dithiothreitol (DTT) at room temperature. Acidic and basic subunits of glycinin, and Bowman-Birk protease inhibitors were detected as major bands in the soybean proteins. It is found that fluorescence intensity of basic subunit of glycinin correlated significantly to the rupture stress of Tofu using 33 varieties of domestic soybean.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 51(8), 406-412, 2004-08-15

    公益社団法人 日本食品科学工学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013499166
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    7067155
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ