南九州の水田におけるコブノメイガ成虫密度および雌成虫交尾率の季節的消長 Seasonal Changes in Adult Density and Female Mating Status of the Rice Leaf Roller Cnaphalocrocis medinalis Guenee (Lepidoptera : Pyralidae) in Paddy Fields of Southern Kyushu, Japan.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南九州におけるコブノメイガ成虫密度と雌成虫交尾率の季節的消長について早期・普通期水田で検討した。成虫の発生は7月上旬までは早期水田に多く、7月末-8月上旬には主に普通期水田で大きな密度ピークが認められた。大半が飛来成虫と考えられる6月末から7月中旬にかけての水田での雌交尾率は75%以上であった。しかし、イネが最高分げつ期後から穂ばらみ期前で、第1世代の羽化時期にあたる8月上旬においては50%を下回った。その後は年によって高低がみられ25-75%を示した。これらの雌交尾率の推移は概ね成虫密度とみかけ上逆の関係がみられた。本報告および北部九州における雌交尾率の調査結果などから、本種の成虫密度および雌交尾率の季節的消長は中国大陸における季節的変動に類似し、緯度の異なる地点では季節的変化が異なり、そしてそれには成虫が性成熟する間の移動分散行動が関与するものと推察された。

Seasonal changes in adult densities and female mating frequencies of the rice leafroller, Cnaphalocrocis medinalis were observed from 1988 to 1992 in the rice fields of Southern Kyushu, Japan. The ratios of mated females in field populations were high at 75-100% in late June and early July, when adult immigrants invade fields probably from China. In late July and early August, the ratios suddenly dropped to below 50% simultaneously with a rapid rise in adult population density of the first generation. Thereafter, the ratios fluctuated from 25-75%. These seasonal changes were different from the previous report obtained in Northern Kyushu. Based on these results, possible migration of adults within the local habitats and further northward is discussed.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 48(3), 177-183, 2004-08-25

    日本応用動物昆虫学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013521719
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214914
  • NDL 記事登録ID
    7076401
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ