宙吊り飛翔法で測定したアカヒゲホソミドリカスミカメの飛翔能力 Preliminary Evaluation of the Flight Ability of the Rice Leaf Bug, Trigonotylus caelestialium (Kirkaldy) (Heteroptera ; Miridae), Investigated by Tethered Flight Technique.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 樋口 博也 HIGUCHI Hiroya
    • 農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agriculture and Bio-oriented Research Organization, National Agricultural Research Center, Hokuriku Research Center

抄録

アカヒゲホソミドリカスミカメの羽化後の日齢と交尾の有無が、飛翔活性に与える影響を宙吊り飛翔法により調査した。未交尾雌の1時間当たりの総飛翔時間は羽化後3日目に長くなり、これは1回当たりの飛翔時間が長くなったことによる。羽化後3日目の未交尾雌の飛翔活性の高まりは、交尾行動に関係していると考えられる。未交尾雄の飛翔活性は、羽化後日数が経過しても大きな変動は示さなかった。また、交尾の有無は雌の飛翔活性にほとんど影響を与えていなかった。本種の移動性は比較的低く、野外では生息地内あるいは食草間で短距離の飛翔を繰り返しているものと考えられる。

Effects of aging and copulation on the flight ability of the rice leaf bug, Trigonotylus caelestialium (Kirkaldy), were investigated by a tethered flight technique. Three day old unmated females showed the longest total flight duration per 1 h. A high flight activity in 3 day old females appears to be closely related to mating behavior. There was little difference in the flight activity of unmated males at all ages. The flight activity in 5 day old females was similar to 5 day old unmated females. Therefore, mating status does not appear to affect the flight activity of females. We conclude that the flight activity of adult bugs is low and they repeat short flights in their habitats and among the host plants in the field.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 48(3), 219-224, 2004-08-25

    日本応用動物昆虫学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013521842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214914
  • NDL 記事登録ID
    7076476
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ