プラスチック・コンテナを用いたカワネズミ Chimarrogale platycephala (Temminck) の生息調査法 Use of Plastic Containers as a New Strategy to Survey the Distribution of Japanese Water Shrew Chimarrogale platycephala (Temminck)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

12月から3月を除く2001年9月から2002年11月にかけて, 長野県の木曽川流域および天竜川流域において, プラスチック・コンテナを用いたカワネズミの生息調査法を確立することを目的に, 食痕による出現種の推定, プラスチック・コンテナ設置期間について調査を行なった. カワネズミの食痕はコンテナ内部に, 餌である生魚の頭部から背骨を残さずに, 半分ほど紛失する状態で残るものや, そのような食痕がついた状態でコンテナの出入り口から糸ごと外に引き出されるといった特徴がみられた. プラスチック・コンテナ設置期間中の降雨などによる中断によって設置期間は長期化する傾向がみられ, 流路幅は設置期間を変化させることはなかった. 非生息地点と判定されるまでに最低限必要なコンテナ設置期間を推定した結果, 17日間であった.

This study aimed to establish a new nonlethal strategy to confirm the distribution range of Japanese water shrew. The survey was conducted in southern Nagano Prefecture during from September 2001 to November 2002 except for the December to March period. Distribution was judged by the feeding marks that remained in the containers in the survey period. Characteristics of feeding marks of water shrews are that the fish bait is halved without its backbone, or is pulled out of the container with visible feeding marks. The survey was affected by periods of interruption caused by rainfall, but was not affected by watercourse width. The survey period found to be sufficient to determine an absence of water shrew was 17 days.

収録刊行物

  • 環動昆

    環動昆 15(3), 169-177, 2004-08-25

    日本環境動物昆虫学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013539382
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186037
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09154698
  • NDL 記事登録ID
    7075178
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-2783
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ