医療従事者の手洗い行動改善への取り組み : 第1報看護師へのアプローチ Feedback Training for Improved Hand Washing for Health Care Workers : Part I Approach to Nurses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都立荏原病院では, 平成12年4月にリンクナースを立ち上げ, 医師・看護師65人を対象に手洗い動作の観察と手洗い後の菌残数調査を実施した. この際, 正しい手洗い方法について理解されていないことや手洗いの1つ1つの動作が不十分であるなどの問題が見られ, 職員への手洗い方法の技術の習得と徹底が課題となった. そこで平成13年度は全病棟看護師270名を対象とし, 手洗いの学習会と手洗い行動の観察 (5回) 及び手洗い後の菌数調査 (パームスタンプ使用) を実施し, 培養後のパームスタンプをデジタルカメラで撮影し, フィードバックした. その結果, 看護師の手洗いの意識が高まり, 手洗い行動の改善につながった.

収録刊行物

  • 環境感染

    環境感染 19(3), 356-359, 2004-08-10

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013563470
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    7077448
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ