KCB-1D (FGF-2) によるビーグル犬2壁性骨欠損モデルでの歯周組織再生誘導 Periodontal Regeneration by FGF-2 in 2-wall Intrabony Defects Created in Beagle Dogs

この論文をさがす

著者

    • 北村 正博 KITAMURA Masahiro
    • 大阪大学 大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 歯周病分子病態学 Department of Periodontology, Division of Oral Biology and Disease Control, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 島袋 善夫 SHIMABUKURO Yoshio
    • 大阪大学 大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 歯周病分子病態学 Department of Periodontology, Division of Oral Biology and Disease Control, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 村上 伸也 MURAKAMI Shinya
    • 大阪大学 大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 歯周病分子病態学 Department of Periodontology, Division of Oral Biology and Disease Control, Osaka University Graduate School of Dentistry

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 46, 165, 2004-09-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013565369
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ