耐性マラリアに対する耐性解除剤の効果発現への母核構造の影響 Structure-effect relationships of mother moieties in drug-resistance releasing compounds on the chloroquine resistant mouse malaria

この論文をさがす

著者

    • 小林 正規
    • 慶應義塾大学 医学部 熱帯医学寄生虫学教室
    • 瀧野 晃一
    • 北里大学 薬学部 生命薬化学教室 School of Pharmaceutical Sciences, Kitasato Unv
    • 佐藤 容子
    • 北里大学 薬学部 生命薬化学教室 School of Pharmaceutical Sciences, Kitasato Unv
    • 引間 有香
    • 北里大学 薬学部 生命薬化学教室 School of Pharmaceutical Sciences, Kitasato Unv
    • 竹内 勤
    • 慶應義塾大学 医学部 熱帯医学寄生虫学教室
    • 長瀬 博
    • 北里大学 薬学部 生命薬化学教室 School of Pharmaceutical Sciences, Kitasato Unv

収録刊行物

  • Tropical medicine and health

    Tropical medicine and health 32, 112, 2004-09-21

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013570932
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11912846
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13488945
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ