中央アフリカ共和国の出生児体重の軽量化とHIVの影響 Increasing number of HIV-positive mothers only partly explained the recent decline of birth weight in Republic of Central Africa

この論文をさがす

著者

    • 門司 和彦
    • 長崎大学 医学部 保健学科 School of Health Sciences, Nagasaki University
    • 大石 和代
    • 長崎大学 医学部 保健学科 School of Health Sciences, Nagasaki University
    • 中尾 優子
    • 長崎大学 医学部 保健学科 School of Health Sciences, Nagasaki University
    • 山崎 真紀子
    • 長崎大学 医学部 保健学科 School of Health Sciences, Nagasaki University

収録刊行物

  • Tropical medicine and health

    Tropical medicine and health 32, 121, 2004-09-21

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013570941
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11912846
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13488945
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ