歯学部附属病院小児歯科における21年間の初診患児の実態調査 A 21-year Survey of the First Visit of Patients at the Pediatric Dental Clinic of a University Dental Hospital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 原田 桂子 HARADA Keiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 西川 聡美 NISHIKAWA Satomi
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 相川 文子 AIKAWA Fumiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 福留 麗実 FUKUTOME Remi
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 北岡 裕子 KITAOKA Yuko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 友竹 雅子 TOMOTAKE Masako
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 阿部 洋子 ABE Yoko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 木村 奈津子 KIMIRA Natsuko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 山口 公子 YAMAGUCHI Kimiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 山内 理恵 YAMAUCHI Rie
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 清水 謙 SHIMIZU Ken
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 郡 由紀子 KORI Yukiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 有田 憲司 ARITA Kenji
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School
    • 西野 瑞穗 NISHINO Mizuho
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部統合創生科学部門社会環境衛生学講座小児口腔健康科学分野 Department of Pediatric Dentistry, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School

抄録

徳島大学歯学部附属病院小児歯科は,1982年4月1日開設以来,小児の全人的な健康に寄与することを目的として,0歳児から成長発達の完了する20歳頃までの小児を対象に長期口腔健康管理を行っている。今回,開設以来2003年3月31日までの21年間に来院した9752名の初診患児を対象に調査・分析を行い,以下の結果を得た。<BR>1.初診患児数は21年間の年間平均は464名で1991年から1996年に向け減少傾向をたどったが,1997年以降増加傾向に転じた。<BR>2.開設当初は乳歯列期の小児の受診割合が約40%で最多であったが,1992年以降は混合歯列期の小児の受診割合が約45%を占め最多であった。<BR>3.開設当初は紹介の無い患児が80%以上であったが,近年は紹介率が約30%で維持されていた。<BR>4.各年度とも約10%は障害児,有病児であった。<BR>5.主訴は開設当初約60%であった「齲蝕」が,近年約30%に減少し,開設当初10%以下であった「混合歯列期の歯並び」「歯数・萌出の異常」および「外傷」が各々約15%へと増加傾向を示した。<BR>6.当科を選んだ理由は,各年度を通して「他歯科医院からの紹介」「高度な治療」が上位を占めていたが,近年「親戚・知人からの紹介」が約20%と多くなった。<BR>7.1992年以降,5年以上の継続受診者は約50%になった。

The purpose of this study was to analyze a fact-finding inquiry of the first visit of patients and to discover the role of the university dental hospital in the community. A 21-year period, from April 1982 to March 2003, was investigated. The results were as follows:<BR>1. The mean number of children per year for the first visit was four hundred and sixty four. It increased during the last six years.<BR>2. The number of boys and girls were about the same.<BR>3. In the previous ten years, children in deciduous dentition period formed the greatest percentage, about 40% and in the latter ten years, the children of mixed dentition period formed the greatest percentage, about 45%.<BR>4. Over 90% of the children came Tokushima prefecture. In 2002, the number of children from outside Tokushima prefecture increased to 5.1%.<BR>5. The rate of referred patients was about 30%.<BR>6. The ratio of children who suffered from physical and/or mental diseases was about 10%.<BR>7. The recent chief complaint about dental caries decreased and malocclusion of mixed dentition, congenital missing or supernumerary teeth, or injury increased to about 15%, respectively.<BR>8. The reason for visiting our clinic was referral from other dentists, to obtain more advanced treatment or recommendations of relatives or friends.<BR>9. Since 1992, the ratio of re-visiting for regular check ups for longer than five years was about 50%.

収録刊行物

  • 小児歯科学雑誌

    小児歯科学雑誌 42(4), 505-511, 2004-09-25

    一般社団法人 日本小児歯科学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013570988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05831199
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ