CGを用いたポップアップカード作成教材の図学教育への応用 Making Use of a CG Based Pop-up Card Design System for Graphics Science Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は3次元コンピュータグラフィックスの技術を用いることで, PC上でポップアップカードの設計を対話的に行えるソフトウェアの研究開発を行ってきた.このソフトウェアを用いることで, PCの画面に表示されるポップアップカードの立体図をマウスとキーボードのカーソルキーで編集し, その展開図をプリンタから出力することができる.この展開図を元にカッターなどを用いて紙工作することで, PCの画面で設計したポップアップカードを実際に手に触れて確認できるようになる.本稿では, このソフトウェアを初等および中等教育における図工や技術・家庭科を対象とした新しい教材として活用することを提案する.中学校の技術・家庭の授業で試行的に利用してもらうために幾つかの機能拡張を行い, そして実際に授業で試行することによって教材としての評価を行った.

We have been studying software on that users can design pop-up cards intuitively. With this software, the user can edit a pop-up card in 3 D with simple interface using a keyboard and a mouse. The unfolded pattern of the pop-up card is generated automatically by this software and can be printed.<BR>In this paper, we propose the use of this unique software to further expand the graphic scientific education of elementary and junior high school students. The educational material was used in a course of Art-and-Housecraft class at a junior high school. This is a report of the effect of the material.

収録刊行物

  • 図学研究

    図学研究 38(3), 3-8, 2004-09-01

    日本図学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013576219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    7105568
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ