振動型フィルターによるクロスフロー精密濾過特性 Crossflow Microfiltration Using a Vibrating Membrane Filter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

濾過器への振動作用の付加は, 膜表面へのせん断掃流効果によって, 膜のファウリングを大幅に抑制することができる. 振動を伴うクロスフロー精密濾過特性に及ぼす振動パラメータの影響を検討するため, 二種類の粒子懸濁液を用いて実験的に調査した. 振動型クロスフロー精密濾過の定常濾液速度は, 振動パラメータ, すなわち, 振動数<i>f</i><sub>v</sub>と振幅<i>A</i><sub>v</sub>との積によって, 定量的に評価可能なことが明らかとなった. 粒子付着確率モデルに, 振動パラメータの効果を適用することにより, 振動を伴うクロスフロー精密濾過過程を理論的に解析する方法を提案した. 本理論推定法による計算値は, ポリスチレンラテックス粒子懸濁液の実測結果と良い一致が得られた.

The use of vibration on a filter can effectively reduce the membrane fouling by the shearing action on the membrane surface. The effect of vibration parameters on crossflow microfiltration performance was studied with two kinds of particle suspensions. The experimental results show that the filtration rate depends mainly on the product of frequency and amplitude. A method of calculating the crossflow microfiltration process with vibration was developed by incorporating the effects of vibration parameters into a particle adhesion probability model. The calculated results coincide favorably with the experimental results for a polystyrene latex suspension.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(5), 615-620, 2004-09-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013576482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7105879
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ