表面活性剤の利用によるサイクロンスクラバーの性能向上 Improving the Collection Performance of the Cyclone Scrubber with Surfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 梁 寛植 YANG Kwan-Sik
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Hiroshima University
    • 吉田 英人 YOSHIDA Hideto
    • 広島大学大学院工学研究科 物質化学システム専攻 Department of Chemical Engineering, Hiroshima University

抄録

サイクロンスクラバーにおいて噴霧液量を低減しても高い粒子捕集性能を得るための手法について実験および数値計算により検討した. 数値計算では粒子の壁面飛散率が0%と50%の場合についてサイクロン内の粒子沈着位置を検討し, また, 実験では噴霧液に表面活性剤を添加し濃度が捕集効率に及ぼす影響を調べた.<br>粒子径1.0, 2.5 μmの場合, 数値計算の結果から, 主として粒子はサイクロン円筒部および円錐部下部に多く沈着することがわかった. よってサイクロンスクラバーで洗浄集じん効果を高めるには, 噴霧するミストの供給位置は円筒部上部が有効である. さらに, 実験結果から噴霧液に表面活性剤を添加することで, 同じ噴霧量で水を使った場合より捕集効率は向上した. この理由は, 表面活性剤の添加で, 噴霧液の表面張力が低下し, 粒子が噴霧液に濡れやすくなったことと噴霧ミスト径が小さくなったため生じたと考えられる.<br>これらの結果により, サイクロンスクラバーにおいて噴霧液に表面活性剤を添加することが捕集効率の向上と噴霧液の節減に有効であることがわかった.

To improve the particle collection performance and reduce the liquid volume of spray in the cyclone scrubber, experimental and numerical studies have been conducted. Particle deposition points were simulated with and without particle re-entrainment. Effect of surfactant concentration in spray liquid on particle collection performance was experimentally investigated.<br>From the simulation results, particles with diameters of 1.0 and 2.5 μm are deposited mainly on the upper cylindrical wall and bottom section of the conical wall. These results indicate that the spray nozzle position at the upper cylindrical wall is effective to improve the collection performance of the cyclone scrubber. Furthermore, from the experimental results, adding surfactant to the spray liquid improved the collection performance compared with the water sprayed to the at the same liquid flow rate. The addition of the surfactant to the spray liquid decreased the surface tension of the spray liquid and reduced the size of the spray droplets, so that droplets more easily collided with the particles.<br>From these results, it is clear that addition of surfactant to spray liquid is effective to improve the collection performance and reduce the spray liquid volume.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(5), 640-646, 2004-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013576527
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7105933
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ