マグネサイトスラリーの脱硫反応特性 Characteristics of Desulfurization by Magnesite

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安価な脱硫剤を使用した高脱硫率で簡易な設備の開発に必要なエンジニアリングデータの取得を目標として, マグネサイトスラリー (主成分:炭酸マグネシウム) による湿式脱硫特性を検討した. マグネサイト鉱石を平均粒径12μm以下に粉砕処理することにより, 脱硫剤としてそのまま使用できることがわかった. 平均粒径12μmのマグネサイトスラリーとC重油排ガスを用いたパイロットプラントによる連続実証試験では, 脱硫率95%以上を維持し, 閉塞などによる運転上の不具合も認められなかったことから実用化の可能性を確認できた. さらに脱硫剤の反応率を高めるため, マグネサイト鉱石の改質についても検討を加え, マグネサイト鉱石に若干の熱エネルギーを与えることでマグネサイトスラリーの反応率を向上させることができ, 低コストで簡易的なプロセスおよび設備開発の目処を得た.

The absorption efficiency of gas desulfurization in a wet-desulfurization system was experimentally investigated using magnesite slurry (main component, magnesium carbonate). Continuous monitoring of a pilot plant for 4 months indicated that magnesite could be used as desulfurization agent when it was ground to a diameter of less than 12 μm. Operational problems did not arise in a pilot plant. Using a magnesite mineral with an average grain diameter 12 μm, a desulfurization ratio equal to or greater than 95% was achieved for a factory waste gas. The properties of magnesite were modified in order to improve the reaction ratio. It was determined that heating improved the reaction ratio. This observation can be incorporated in designing new desulfurization equipment.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(5), 661-667, 2004-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013576577
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7105989
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ