振動型ミルを用いた木質バイオマスの微粉砕技術 Pulverization of Ligneous Biomass by the Use of a Vibration Mill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

木質バイオマスの粉砕技術の開発は, これからの木質バイオマス有効利用を展開していく上で欠かせない技術である. 本研究では, ロッドやボールを粉砕媒体とした振動型ミルを用いて, 木質バイオマスの微粉砕を行った. 得られた生成微細木粉は50%粒子径が23.0 μmと細かく粉砕されていたほか, 粒子形状も球状に比較的均一に分布していた. また, 水を加えた湿式粉砕でも同様の実験を行った. 湿式粉砕では, 生成微細木粉の形状は乾式粉砕と異なり, 針状の微細木粉が製造されていた.

A new technique for pulverization of ligneous biomass by using a vibration mill was developed. By this technique ligneous biomass was pulverized into micron-order particles, and its combustibility, compatibility, reactivity and extractability were improved dramatically. With conventional pulverization equipment, it is impossible to micronize wood fiber, since it is very strong, consisting of cellulose, hemicellulose, lignin. However, by using the vibration mill, it is possible not only to control the particle size and particle shape by changing the pulverization medium, but also economically to produce micron-order particles in large quantity.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 30(5), 732-734, 2004-09-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013576722
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    7106130
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ