麦味噌製造における国産大麦の醸造適性 Study on Fermentation Suitability of Domestic Barly for Mugi Miso made by barley Cultivated

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, 大麦に特徴的な物質変化の解明をすすめることで, 麦味噌の特性を明らかにする一連の研究を進めておられる。すでに, 本誌にも, フェルラ酸 (96, 100), β-グルカン (96, 520) について解説していただいた。今回は, 国内産大麦の麦味噌原料としての醸造適性を明らかにするために, 著者らが行った試験研究結果を詳しく紹介していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 99(9), 618-625, 2004-09-15

    公益財団法人 日本醸造協会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013590927
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    7093606
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ